我的寶貝四千金 HOME-33

c0042344_156507.jpg闕山明杜曉飛に「この間一彎が男の人と一緒だった所を見たんだ。あれはどうみてもお見合いだと思う。」と教えてもらい、居ても経っても居られず幼稚園へ向かう。幼稚園に到着するとお見合い相手が居て、杜曉飛は「一彎は僕の彼女だ。」と言い放ち、彼氏が居るのに?俺の時
c0042344_1575681.jpg間を返せ!!!と見合い相手は怒って帰っていく。
徐季寬は仕事をMomokoに依頼しようとするが、清清が「私に言って下さい。まだ入社1ヵ月足らずで、仕事を任せ過ぎです。」と反論されてしまう。徐季寬清清の事を考えずっと姿を追いかけ、杜曉飛から声をかけられても気づかなかった。杜曉飛から「2人で飲んだ時話してたけ
c0042344_1583921.jpgど、最近悩み事は消えた?」と聞かれ、徐季寬は「良い時も悪い時も有るさ。君は順調そうだね、恋愛を楽しめよ。」と答える。
お見合い相手から母に電話があり、杜曉飛の存在がバレ破断となってしまう。母は「全て杜曉飛のせいよ。」と黎美恩に訴える。黎美恩は「諦めずに次のチャンスを狙うのよ。次は絶対に決めるわよー。」とアドバ
c0042344_1591515.jpgイスし、2人でまたお見合い写真をチェックし始める。
杜曉飛一彎を迎えに幼稚園へにやってくるが、一彎は「安晴が仕事で遅くなるから、小星星を預かることになっちゃったの。」と言う。小星星は「一彎杜曉飛は恋人同士なんでしょ。でもおばあちゃんは杜曉
c0042344_1594252.jpg
を好きじゃないみたい…。」と心配してくれる。杜曉飛は「きっとおばあちゃんも、僕の事を好きになってくれるよ。」と言い自分に言い聞かせる。
Momoko清清に「今度、会社で招かれたパーティーが有るでしょ。ドレスはどうするの?」と聞き、清清は「私も行った事がないのよ。今ま
c0042344_20983.jpg徐季寬の奥さんが出席していたから。ドレスを持っていないから、何か買わないといけないわ。」と答える。この会話を徐季寬は黙って聞いて、考え込んでいた。
清清はドレスを試着し会計をしようとすると、3万2千元もする高級品で
c0042344_203253.jpg迷っていた。だが仕事の為だと思いカードで支払いをしようとすると、店員から「先ほど男性の方らかお代は頂戴済みですよ。」と教えてもらう。その人の名前を聞くと、徐季寬だと教えてもらう。清清は急いで店を出て探し回り徐季寬を見つけ、「あのドレスは高すぎるわ。」と断ろうとする。だが徐季寬は「仕事の為のドレスだよ。会
c0042344_20579.jpg社としての必要経費だ、気にするな。」と言ってくれ、雨がふってきたから車で家まで送るよと車に乗せてくれる。
清清は「最近、徐季寬は様子がおかしいわ。どうしてなの?」と聞くが、何でもないよと答える。徐季寬は車を降りようとする清清に「好きな人
c0042344_231082.jpgが居たら、その人と幸せになれ。」と突然言い出す。清清は「どうしてそんな事言うの?」と聞くが、徐季寬は「心から君の幸せを願っているんだ。」と言い、車に残された徐季寬は一人悩み落ち込んでしまう。
c0042344_213183.jpg
徐季寬心の葛藤と戦ってるけど…とうとう次回で堪え切れなくなっちゃう~ん((+_+))
[PR]

by seui2yee5 | 2015-02-01 01:55 | Duncan(周群達・賴登勤・登芹) | Comments(0)