我的寶貝四千金 HOME-41

c0042344_1740543.jpg一彎杜曉飛がキスしている場面を見てしまった母は、一彎が帰宅しても「早くお風呂に入って寝なさい。」と言いが元気がなかった。一彎杜曉飛が「俺の傍に居てずっと離れないでくれ。」と言われた言葉を思い返していた。小溪一彎の部屋に入ってきても気づかず「何考え
c0042344_17412168.jpgていたの?あれ~もしかして杜曉飛とキスでもしたの?…否定しないってことは、そうなのね!!!一彎も大人の恋をしてるんだ。」と喜んでいた。その頃蕭國欽杜曉飛がニヤニヤしている様子を見て、「一彎と進展が有ったんですね?!」と冷やかしていた。
c0042344_17444613.jpg徐季寬は明日で出張が終わると喪失感に苛まれ、同じ場所に居るのに一緒に居られない清清に、連絡をしようとしてもためらいメールも出来ずにいた。
安晴は唯一離婚した事を知っている父と小溪に「母に離婚の事を話そ
c0042344_17452260.jpgうと思うの。仕事している話をしたら、余計に驚くのは解ってるんだけど、これ以上嘘はつけないわ。」と言い、父は安晴を応援するよと言う。だが父は「母が失望して落ち込むのが怖いんだ。安晴には期待が大きかったから、逆にプレッシャーにならないかと。」と心配し、小溪も「一彎安晴の事で更に怒らせちゃうのかし
c0042344_174616.jpgら…。」と家族で応援して協力し合おうと話す。
母はWasirに会いに行き、Wasirは「杜曉飛はいい男だ。一彎の気持ちは変えられないです。」と報告し、母は戸惑ってしまう。
仕事が早く終わった徐季寬は、清清と一緒に街を散策しに出掛ける。
c0042344_174639100.jpg清清徐季寬がリラックスできる場所に案内し、景色の良い高台で清清は「大声を出しても良い?仕事を精一杯頑張るわ~。」と叫び、徐季寬は「休みが欲しい~。」と叫び合う。徐季寬は「俺の願いは清清と一緒に休日を過ごすことだ。清清傍にいてくれるか?」と聞き、清清も「もちろんよ。」と答え幸せな時間を過ごす。
c0042344_17481129.jpgWasir杜曉飛一彎に話が有ると会いにやってくる。Wasirは「謝らなきゃいけない。これまで僕は軽率な行動をとって2人を困らせてきた。2人はお似合いの恋人だ。幸せになってくれ。」と祝福する。
c0042344_17495460.jpg
徐季寬に休みの時は老闆て呼ぶな!!!て言われて、清清嬉しそう♪一番幸せな時間(^_^)v
[PR]

by seui2yee5 | 2015-02-11 17:40 | Duncan(周群達・賴登勤・登芹) | Comments(0)