やっぱりスティーブン・フォン来ないのか

c0042344_14281955.jpg馮德倫作品 攻佔日本 東方日報より
近頃香港・台湾の明星旋風が日本で高まりつつある、最近では「日本華流明星風」が開催され、港台スターたちが招かれている、馮德倫劉德華張國榮に続き、近年日本での人気香港スターになる、彼の監督作品《大佬愛美麗》と《精武家庭》が日本で公開される予定だ。このように注目されることに対して、馮德倫は凄く喜んで「香港映画のマーケットが広がることは嬉しい事だよ、これからもお金が有れ
c0042344_14371296.jpgばみんなで沢山の映画を撮り続けるべきだよ、(日本には宣伝活動に行くの?) 僕は《英雄本色》の脚本を練ってるところで、行けないんだよ、残念だ!」と答えた。

*コメント→残念…明日から華流シネマウィーク2006
      始まりますね。私は6AMが楽しみです!!あぁ…香港の新聞の方が理解しやすい(笑)

[PR]

by seui2yee5 | 2006-06-02 14:33 | 鄭伊健・楊千嬅・香港明星 | Comments(2)

Commented by ちゃっきり at 2006-06-02 22:05 x
ソイAさま
明日からの公開楽しみでスティーブン導演の来日も期待してたのに
残念。上京予定日決めずに待ってたのにプンプン!
監督3作目の準備じゃ仕方ないってか(ため息)
日帰りで2本観るのはキツイかなぁ?
新聞の記事「華仔やレスリーに続く近年日本で人気スターになる」のコメント、嬉しいやらこそばゆいやら。
彼の新作「犀照」が来月福岡で開催される映画祭で上映されるそうです。

Commented by seui2yee5 at 2006-06-04 16:01
私も絶対に馮德倫来日すると思ってたのに、残念です。「犀照」も阿嬌が出てるし、とっても楽しみ♪
ただ「犀照blog」(香港の)で紹介された写真を見てたら、ちょっと恐そう~ホラー映画苦手なんだよなぁ。