我的寶貝四千金 HOME-11

c0042344_17294665.jpgトレーニングジムで安晴杜曉飛は鉢合わせしてしまう。杜曉飛に「どうして安晴はココに?」と聞かれ、傍に居た陳其樂は「安晴はジムの会員なんだ。」と機転をきかせてフォローする。杜曉飛から「オーナーは凄い人だよ。どん底の人生から這い上がってここまで事業を成功させ
c0042344_17301260.jpgたんだ。運命の変えてくれた女性に出逢ったのがきっかけらしいよ。」安晴陳其樂が表紙に登場している雑誌を手に取り、8年前を思い出す…街でぶつかった相手に「元気ない顔ね。ここからが勝負よ。明天又是新的一天明日は新しい一日の始まりなの。」
c0042344_1731211.jpgようやく相手が陳其樂だったことに気づき、「やっと僕の事、思いだしてくれたね。」と陳其樂安晴に頬笑みかける。
一彎小星星を探してくれたお礼の感謝状と花束を届けに、杜曉飛の弁護士事務所へ訪れる。お礼に何でもするわと一彎が言うと杜曉飛は「お願いしたい事が有るんだ。俺の彼女になりすまして、母親と一緒
c0042344_17313164.jpgに食事をしてくれないか。」と車に乗せる。
レストランに到着すると、子分達が杜曉飛を整列して待ち受ける。その様子を見て一彎は「もしかして杜曉飛て極道の人なの?」と聞く。杜曉飛は「昔はね、でも今は違うけど習慣なんだ。」と言われてしまう。一彎の姿をみた途端、嬌姐媽媽は「この機会をずっーと待ってたのよ。
c0042344_17321286.jpg私をマミーて呼んで。あなたはパーフェクトな女性よ。早く結婚して、早く子供の顔が見たいわ~。」と大喜びしてしまう。
杜曉飛一彎を家に送り届ける。一彎杜曉飛から告白される?!と期待するが、「心配しないで。今日は本当に助かったよ。」の言葉だけだった。一彎杜曉飛も自分の事が好きでてくれていると信じていたが、一人で舞い上がっていただけで、なんてお調子者なんだと大泣きしてしまう。

マミーは女の子の様に杜曉飛を育てたんですね(笑)可愛い媽媽だ♪杜曉飛は何を考えているのか…女心を解ってないわ(-“-)
[PR]

by seui2yee5 | 2015-01-04 17:29 | Duncan(周群達・賴登勤・登芹) | Comments(0)