我的寶貝四千金 HOME-25

c0042344_2136153.jpg離婚した事を父が知ってしまい安晴は「真実を打ち明けるのが怖かったの。私は模範生じゃなくて人生の敗北者よ。」と胸の内を話す。父は「安晴は努力を積み重ねてここまで成功を勝ち取ったんだ。お前をず
c0042344_21364299.jpgっと信じてる。」と勇気づける。
新聞を買いに行くと言って手ぶらで安晴と一緒に帰宅した父に母は「どうして手ぶらなのかしら…。」と父の行動を疑っていた。だが父は安晴の離婚の件を、母に言い出せずにいた。
一彎が幼稚園に出勤しようとすると、「専属運転手として仕えるように
c0042344_21371751.jpg嬌姐媽媽の命令です。」と蕭國欽が突然登場する。一彎は最初断るが、しぶしぶ車に乗車する。その背後を怪しい男が偵察していた…。
杜曉飛の携帯に脅迫まがいの電話が入る。一彎の身の危険を感じた杜曉飛は直ぐ一彎に電話をすると、蕭國欽一彎を車に乗せ幼稚園へ出勤する途中だった。杜曉飛は「蕭國欽良くやった。今日から一彎
c0042344_21374839.jpgのボディーガードとして身辺を守ってくれ。万が一危険が及ぶかもしれないから。」と忠告する。
外泊した小溪から母に電話が有り「いったい何処に居るの。早く帰って来なさい。」と怒られる。小溪は「ごめんなさい。何日か同級生の家にc0042344_21381920.jpg泊まるから。」と言って電話を切ってしまう。趙宇航小溪を心配し、大丈夫だから家に戻ろうと一緒に黎家に行く。すると買い物に出掛けてた母が帰ってきてしまい、小溪は「ど~しよう。安晴の離婚の事、黙ってられないわ~。」とパニックになり、趙宇航と一緒に慌てて部屋に隠れてしまう。

怪しい男は『嬌姐のせいで辛い牢獄生活を7年も過ごした…。』て逆恨みしているような感じですね。何か事件が起こりそうな気配…。
[PR]

by seui2yee5 | 2015-01-20 21:35 | Duncan(周群達・賴登勤・登芹) | Comments(0)