我的寶貝四千金 HOME-35

c0042344_21483585.jpg徐季寬曹董に「あなたの会社とは今後一切取引しない!!!」と凄い剣幕で叱咤する。怒った曹董は「おたくとの取引なんてこっちからお断りだ…解ったぞ、清清はお前の情婦なんだろ!!!」と罵り、徐季寬はまた殴りかかろうとするが清清に止められる。徐季寬は腹立たしいパーティ
c0042344_2149972.jpgー会場から、清清の手を引いて立ち去って行く。
怒りが収まらない徐季寬はビールを飲みながら、公園のベンチで清清と2人で語り合う。徐季寬は「今日の事は誰にも言うなよ。清清に本当に嫌な思いをさせてしまった。」と謝る。だが清清は「大丈夫よ。老闆を
c0042344_21514110.jpg殴らせるような事をしてしまった、私の方が悪いの。曹董との関係も修復しないと…。」と自分を責める清清に、徐季寬は「あの人と仕事するつもりは無い。」とかばってくれる。徐季寬はとうとう「俺の気持ちのモヤモヤした原因は…、清清なんだ。」と打ち明け始める。清清は「どうして私なの…。」と聞くと、徐季寬は言葉を詰まら
c0042344_21535294.jpgせながら「君がこの前倒れて病院へ連れて行った時に、自分の気持ちに気づいたんだ。君に辛い思いをさせたくないと思ってしまって…清清と向き合う度胸が無くて、君を遠ざけようとしてしまった…そうしたら俺自身が塞ぎ込みがちになって…本心を隠し通せなくなってしまった…。」と告白する。清清徐季寬の本心が解り幸せだった。
c0042344_21552329.jpg母は一彎に「この間、本はちゃんと返してくれた?」と聞き、「相手はどんな人だった?」とワザと様子をうかがう。一彎は「凄く良い人だったわ。」と答え、お互いに携帯番号を交換していると聞き母は「お参りしたおかげで、私の願いが神様に伝わったわ。」と上機嫌だった。
c0042344_21554491.jpg清清は酔った徐季寬の代わりに車を運転し、家の前に到着する。徐季寬は寝たまま起きず、清清は自分の気持ちを伝えようと寝ている徐季寬に口づけしてしまう。清清は奥さんに「飲みすぎて老闆を車で送ってきました。家に到着したので、迎えに来てください。」と電話する。車を降りて帰ろうとするが、清清の足がとまり徐季寬
c0042344_21561916.jpgの乗ってる車を振り返り見つめていた。
一彎清清に「帰ってきてから、何か変よ。何かパーティーで事件でも有ったの?ずっーとドレスばかり眺めてるじゃない。」と清清に聞く。清清一彎が話しかけられても徐季寬の事をずっと考えていた。

c0042344_21563831.jpg
チューブトップドレス姿の清清徐季寬がジャケットをかけてあげるシーン辺りから最高
[PR]

by seui2yee5 | 2015-02-04 21:46 | Duncan(周群達・賴登勤・登芹) | Comments(0)