我的寶貝四千金 HOME-74

c0042344_19485295.jpg安晴清清を殴ってしまい思い悩んでいた。朝になり父母は清清一彎の家に泊まりに行ったと聞き、小溪が昨日の晩何が起きたの?と聞いても安晴は一切答えず、家族みんなで心配していた。
闕山明から電話が入り、清清は「今はミカンがなる季節よね、樹木に
c0042344_1951887.jpg実がなっている姿を見てみたいわ。」と言って、独り闕山明の田舎の台南へ向かう。会社で闕山明は「本人の意思で清清は台北から離れて旅立ちました。」と徐季寬に告げる。
一彎清清が朝一人で家を出たと知り行方を探そうとするが、杜曉飛は「今は一人にしてあげよう。清清を信じてあげよう。」と言い、一彎
c0042344_19545289.jpgに“必ず連絡するから、まず自分の体を心配しなさいよね”とメールが届いていて一彎はホッとし清清を応援しようと決意する。
杜曉飛は「清清をそっとしてあげてくれ。今は気持ちを惑わすような事はするな。」と徐季寬に忠告する。闕山明は「清清は僕の田舎の
c0042344_19585567.jpg台南に向かってます、友達として支えてあげたいんです。」と言って、杜曉飛に休みが欲しいと言い、杜曉飛清清の面倒をみて傍に居てあげてくれとお願いする。
嬌姐は妊娠の兆候が有ると聞き、朝から妊婦用の食べ物を沢山買って一彎に会いにやってくる。まだ検査を受けてないと一彎は言うが、嬌姐は「絶対子供が
c0042344_19593982.jpg出来てるに決まってるわ。」と舞い上がって喜んでいた。
父は闕山明に電話をし「どうして突然清清は台南に行くなんて言い出したんだ?」と聞くが、闕山明は「理由は複雑で今は話せないんです。
c0042344_2064275.jpg今は僕が付き添っていますから、心配しないでください。」と言って父を安心させる。
徐季寬許蕙琦に話が有ると言い、結婚指輪を外してテーブルに置き「すまない、俺は何から伝えればいいのか…」と話しだすと、許蕙琦は「清清とはいつからなの?、私の事はいつから愛せなくなったの?」と
c0042344_2073921.jpg聞き返す。徐季寬は「ここ何年間かで徐々に気持ちが離れていったんだ。」と打ち明け、「清清とは関係なく、私を愛せなくなったのね。でも何故そんなに早く結論を出そうとする必要があるの?」と言って許蕙琦は部屋を出ていく…。
c0042344_2011298.jpg
許蕙琦徐季寬の泣いている姿を見ても、諦めきれないのね(-_-;) 奥さんが1人暮らしで不自由してないか心配しているのに「俺に構うな!!!」てあしらう徐季寬ってヒドイ(?_?)
[PR]

by seui2yee5 | 2015-03-31 20:12 | Duncan(周群達・賴登勤・登芹) | Comments(0)