紫色角落

c0042344_14501884.jpg紫色角落-corner-
偶像劇【紫色角落】開拍!銀河網路より
楊千霈 張孝全 Duncan 黃瑜嫻 陳建州 唐志中
小涼(楊千霈)は大学二年の演劇科の学生、両親の住む宣蘭を離れ台北で一人暮らしをしている。同級生の美園(黃瑜嫻)と仲良しで、学校近くのネットカフェで一緒にアルバイトをしていた。
c0042344_15175441.jpg小涼にとって幼馴染みの石川(陳建州)は特別な存在だった。小涼が14歳の頃に、不良たちにからまれていたところを助け出してくれた恩人だ。それ以来小涼は、石川が出場するバスケの試合に必ず駆けつけ応援していた。小涼と美園はバイト先で、常連客の安達(張孝全)と友達の阿ken(Duncan)出逢う。安達も大学生で子供の頃に両親が離婚し、台北で一人暮らしをしていた。 
c0042344_15184531.jpg小涼はバイト先のレジの鍵を学校に置き忘れてしまった。
学校に居る石川に電話をし「届けて欲しい」とお願いする。しかし石川は来る途中、原付バイクで事故を起こしてしまい足を負傷してしまう。小涼は責任を感じ毎日見舞いに行くが、バスケの選手生命を絶たれた石川は悲観に陥り小涼と逢おうとしない。ある日小涼が病室を覗くと、石川は退院した後c0042344_1522340.jpgだった。家に帰ると、石川からのメールが届いていた。
『このメールを見る頃、僕は台湾には居ない…君が好きだ』というメッセージを残し、治療の為台湾を離れアメリカへ旅だったのだった。
小涼は石川がいなくなった後、ずっと彼のことを思い続けていた。みんなと一緒にクラブへ行くが、寂しい小涼はお酒を飲み続け酔いつぶれてしまう。



c0042344_15253377.jpg歩けないほど泥水してしまった小涼を、安達は家までバイクで送り届ける。優しい安達は介抱してあげるが、小涼は何かされたのではと勘違いをし、安達を敬遠する。
突然上海にいる父から「知り合いの子供が住まいを探している。家に呼んだから住まわせてやってくれ」と電話が入る。すると安達の家にやってきたのは、小涼だった。行き場所のない小涼は、安達としぶしぶ同居生活を始めるとこになる。
c0042344_15264735.jpgネットカフェにやってきたゲームチャンピオンの唐毅(唐志中)は一目で小涼のことが気に入り、自分のものにしようと無理やり付きまとう。そして小涼と安達が一緒に住んでいるのを目撃してしまう。
安達は密かにコンビニで働く桑桑に、思いを寄せていた。安達は勇気を出して、桑桑と映画を見に行く約束をした。小涼は女の子と付き合った事がない安達に、デートのアドバイスをする…「ジュースを買った後は、蓋を開けてストローをさしてあげるのよ」「初めてのデートで、葱とかニンニクとかニオイc0042344_1532328.jpgのあるものは避けるべきよ」「食事中は会話が大切なの、パソコンとか難しい話はしちゃ駄目」…安達は忠実に実行しデートは順調に進むが、なぜか小涼のことで頭の中が一杯だった。
阿kenに憧れていた美園は猛烈にアタックし、やっと一緒に遊園地にデートに出掛ける事になる。
阿kenが家に戻ると、2年前香港で別れた恋人・FANが家の前で待っていた。好きな女性が自分のもとを去った後、阿kenは愛に臆病になっていた。阿kenはずっと彼女のことが忘れられなかった…、c0042344_15384953.jpgそして一夜を共にしてしまう。
阿kenは美園にFANと逢った事実は、自分の心にしまっておこうと決めていた。しかし美園は、阿kenのベッドに長い髪の毛が落ちているのを見つけてしまう。阿kenの誕生日に料理をしようと、小涼と一緒に食材の買い物に出かける。帰り道阿kenの姿を見つけ追いかけていくと、見知らぬ女性c0042344_15395670.jpgと一緒にいるところに出くわしてしまう。阿kenはFANに「この人は誰?」と聞かれ「ただの友達だ」と答えてしまう。美園はショックで、その場を立ち去った。
FANは美園を高級レストランに呼び出す。「昔から阿kenはイタリアンが好きなのよ」「英語メニュー解るかしら」「阿kenの夢を知ってるの?オーストラリアでウィンドサーフィンを教えることなのよ」とわc0042344_15404318.jpgざと自分と格差があることをみせつけ言い放した。
美園はやけになって、チャットで知り合った男の人と逢いに行くが、結局阿kenのことが忘れられず危機一髪のところで逃げ出した。阿kenもFANはもう自分にとっては過去の女性で、気持ちに整理がついていた。そして美園に「好きだ、付き合って欲しい」と告白する…。

まだこれでも、前半のストーリーです。大学生なのに、学校のシーンが殆ど出てきません(笑) *ストーリーが上手くまとまりません…
とにかくオススメは第12章の海に遊びに行くシーンです=Duncanカッコイイ!! 張孝全の微妙な日本語も聞けます(笑)
大S小Sの徐媽媽が黒人君の母役で登場するし、林依晨(激カワイイ)・許瑋倫孫燕姿とゲストも豪華。黒人くん、忘れたころにまだドラマに登場します。最終集を楽しみに見てたら…あれ?1/3で終わっちゃって、あと2/3はトーク&NG集←これ絶対に17集に収まったはず。最初は王毓雅監督だったんですが、途中から変わってます。(誰か理由知ってる人、いませんか?)ストーリーはいたって普通なので、北京語@幼児レベルの私にも解りやすい内容で◎とにかくオススメ♪

[PR]

by seui2yee5 | 2006-06-01 15:34 | 台湾ドラマ・香港ドラマ | Comments(0)