煎醸参寶

c0042344_13545689.jpg煎醸参寶 楊千嬅 劉青雲 許冠文 許紹雄 金燕玲 (2004年)
武俠小説の大作家・龍飛雁(許冠文)は、13年近く新作が書けずにいた。だが過去に出版した小説の印税のおかげで、何不自由なく暮らしていた。今でも街を出歩くと彼の小說ファンがよってきて、熱心に武俠の世界を語り始めるくらいの人気作家だった。
飛雁が溺愛している一人娘・Sophia (楊千嬅)は結婚してもおかしくない年頃になった。でも父・飛雁は可愛かった幼少の頃の娘の姿が忘れられなく、自分の手元にずっと置いておきたいと願っていた。
Sophiaは社長のFrankie(劉青雲)のアシスタントを務めていた。Frankieはプレイボーイで、彼の周りにはc0042344_135620100.jpg常に女性の影が見え隠れしていたが、Sophiaは彼を密かに思い続けていた。
Frankieはアクシデントが重なり一文無しになって、突然Sophiaの家へ訪れ「間借りさせて」とやってくる。飛雁はSophiaの上司だろうが、娘に近づく男が許せなくFrankieに悪戯をして追い出そうとする。そこでFrankieは若いモデルや女の子達を沢山招き、飛雁の家でパーティーを開く。飛雁も大喜びで女の子と騒ぎ遊び、男同士の友情を交わし飛雁のご機嫌をとる。
FrankieとSophiaは急展開に惹かれあい、結婚の約束をする。しかしそれを聞いた飛雁は娘の将来の幸せを願い、二人の仲を引き裂こうとする。しかも結婚しても同居しないと言い出す。そして舞台は「飛雁城・武侠遊園地」へと続く…。
   絶対面白いと思ってみたけど、意外とフツーだった。笑える所もあるけど、ストーリーが間延びしてる感じかな?
   このメンツだったら、もっと面白い映画が撮れそうだよ!!

c0042344_1445271.jpg

[PR]

by seui2yee5 | 2006-06-20 14:11 | 香港映画・台湾映画 | Comments(0)